• ホーム
  • アイピルとチップと普及について

アイピルとチップと普及について

アイピルは性行為の後に服用することで妊娠を予防する薬となっています。
この薬のチップには高い避妊効果があるということですが、他にもさまざまな効果が期待できます。
アイピルは正しく服用することで99.9%の効果が期待できる避妊薬となっていますピルにもさまざまな種類がありますが、副作用のリスクを避けたいならホルモン量の少ない低用量ピルがおすすめです。
しかし、このピルは日本ではあまり普及していませんし、その効果についてしっかりと理解されていないこともあるのです。
ピルの主成分は卵胞ホルモンと黄体ホルモンであり、このような成分を体内に取り入れることで卵巣からのホルモンの分泌を抑えることができます。
それによって排卵が無くなりますし、妊娠を防ぐことができるという仕組みです。
現在では低用量ピルよりも女性ホルモンの量が少ないピルも登場しており、副作用がさらに起こりにくくなっています。
体質によっては中用量ピルなどが処方されることもありますが、初めての場合は病院できちんと検査を受けた方が良いでしょう。
避妊目的で低用量ピルを服用する場合、生理の初日から飲み始める必要があります。
できるだけ毎日同じ時間帯に飲むことがポイントであり、4週間で1サイクルというのが基本です。
3週間は服用を続ける必要がありますが、その後は1週間休むことで毎月の排卵や妊娠を防ぐことができます。
コンドームの場合は途中で破れたり外れたりすることも考えられるため、確実な避妊方法とは言えないでしょう。
ピルなら確実に避妊することができますし、生理痛の緩和などにも効果が期待できます。
アイピルは病院で処方を受けることができるため、相談してみると良いでしょう。

関連記事