• ホーム
  • アイピルの働きとそれによるカンジダへの感染性

アイピルの働きとそれによるカンジダへの感染性

薬とグラスを持つ女性

性病としてのカンジダは原因菌が膣などの粘膜に存在し、それによって発症する病気です。
元々、人体には常在菌の一つとしてカンジダのような真菌が存在することもあり、感染によってのみ引き起こされる性病ではない点に注意が必要となります。
カンジダを発症するとその菌の働きによって、かゆみや疼痛などの症状が起こり、女性の場合はおりものの量が多くなったり、酒かすやチーズ、ヨーグルト状のおりものが出る症状が起きます。
膣カンジダの特徴としては、女性の約5人に1人の割合で発症するメジャーな病気で、実際に性行為で感染しなくても女性なら発症しやすいのが特徴的です。
ただ実際にはカンジダ菌が性行為などで感染することによって引き起こされる事例も多くなっています。
その理由としては、性器の粘膜同士の接触によって感染するので、性行為はそのまま感染に繋がる原因にもなります。
性行為時には避妊のためコンドームの装着を行うことが多いですが、その場合は粘膜同士が接触しない形になるため、感染する割合が低くなります。
最近では性行為時にコンドームの装着よりもアイピルを使った避妊法が選択されることもあります。
アイピルは性行為後24時間以内であれば、95%の割合で避妊できるとするアフターピルです。
当然、アイピルを使った性行為はコンドームを使った性行為よりも直接、性器の粘膜同士の接触があることから感染する割合も増加します。
なお感染しても男性の場合は、性器が露出している状態で乾燥にさらされているため、カンジダ菌の働きが抑制されます。
その他に抗生物質を服用すると膣内でカンジダ菌の増殖を抑制する善玉菌が死滅してしまうため、それによって返って膣内にカンジダ菌が増殖してしまい、その働きを強めてしまうこともあります。

関連記事