• ホーム
  • アイピル以外の緊急避妊薬とは

アイピル以外の緊急避妊薬とは

薬を飲む女性

アイピルの主成分はレノボルゲストレルという女性の排卵後に多く出る黄体ホルモンの仲間です。
アイピルは、緊急避妊薬で、避妊に失敗をした場合に、できるだけ早く飲み、24時間以内だと95%遅くても72時間以内だと75%の確率で避妊をすることができます。
レノボルゲストレルの先発品は、2011年日本で、産婦人科において使用が許可され、緊急避妊が必要になった場合のみ処方ができることになりました。
それ以前は、日本でアフターピルとして処方を許可された薬はありませんでしたが、必要としていた人達がいたので、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を含む中用量のピルがアフターピルとして使われていました。
この薬を使う方法をヤッペ法といい、避妊に失敗をしたと気がついた場合は、産婦人科で処方をされていました。
ヤッペ法に使う薬は、治療薬としては月経周期をコントロールしたり、卵巣機能不全による不妊症の治療、月経周期を旅行などで調整したい時に服用したり、子宮内膜症の治療に使われています。
その一つの効果として緊急避妊に使う事ができるのです。
レボノルゲストレルと同じくできるだけ早く飲む必要があり、72時間以内の飲まないと効果はありません。
その効果は、受精卵が子宮に着床するのを防ぐ効果です。
服用の仕方は、まず2錠飲み、それから12時間後にもう一度2錠飲む必要があります。
吐き気が強く出て、もしはいてしまった場合は、もう一度飲みなおす必要があります。
それと大切な事は、12時間後の2度目の服用を忘れる場合があるのです。
避妊確率は、75%くらいと報告されており、効果はアイピルの方が高いと言われています。
ヤッペ法を行う場合は、緊急避妊が必要となった場合、絶対に産婦人科でしか手に入れることができませんので、どうしても服用が遅くなってしまうのです。
ですから、アイピルのように、前もってお守り代わりの常備をしておくことはできません。

関連記事